--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
10.31

11月の運勢 ―嫉妬の問題―

2015103100022.jpg

 11月の運勢における留意点は、ものごとがうまくいったからといって、調子に乗り、嫉妬されぬことです。
 また、他人に嫉妬せぬことです。
 この時期、運勢的に危険性が高いのは嫉妬のやりとりによる思わぬ悪縁の発生です。
 嫉妬は最も克服困難な感情とされており、嫉妬は常に他人との比較において発生します。
 かつて、フランスの哲学者フランシス・ベーコンはこう指摘しました。

「比較のないところに嫉妬はない」


 だから、自分と他人をあれこれと比較さえしなければ無意味で心を穢す嫉妬は起こらないはずなのに、よりによって自分が〈下位に立つ〉分野で比較を始めないではいられないのが、私たちの宿命めいた成り行きです。

 さて、作家村木春樹氏は「自分のことがあまり好きじゃない」とこぼす読者へこう言いました。

「ほかのことについてどう考えるかという姿勢や考え方の中に『あなた』はいます。
 その関係性が大事なのであって、あなたが誰かというのは、じっさいにはそれほど大事なことではありません。
 そう考えていくと、少しらくになれるんじゃないかな。」


 この回答は二重の問題を含んでいます。
 一つは、〈自分〉というものは固定された実体がなく、他者との関係性の中で喜んだり怒ったりしているうちに、ようやく〈自分〉がどういう存在であるかが明らかになってくるということ。
 もう一つは、タマネギの皮がどんどん剥かれると最後は空っぽになってしまうように、究極的〈自分〉はどこにも見つけられないということです。
 とは言え、まぎれもなく〈自分〉が居る以上、まったく他人と無関係なままで生きることはできません。
 では、他人を意識しながらなお、比較しないで過ごすにはどうしたらよいか?

 自分を第一にする気持を離れて、他人を誉めればよいだけのことです。
 他人の長所を見出し、すなおに〝大したものだなあ〟と心から思っている時、嫉妬はどこにもありません。
 自意識が消え、〈相手より下の自分〉は意識されないからです。
 嫉妬が生じる前に、〈自分〉がいなくなっているからです。
 こうなれば、自分が勝っているという比較から起こる高慢心も起こりようがありません。
 ちなみに小生は、さまざまな状況下で、できるだけ頭を低くするつもりで礼をします。
 これは、自分を無にして相手を貴ぶ訓練になっています。
 皆様もぜひ、相手を問わず心から貴ぶ自分なりのやり方を見つけてください。

 どうぞ皆様、紅葉が心の窓に飛び込んでくるこの時期を、無事安全に過ごされますよう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。