--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
11.06

心から思いやりがなかなか出ない時は? ―思いやりを思い出す瞑想法―

201511060001.jpg
〈十三代酒井田柿右衛門作『慈母観音置物』〉

 当山では、瞑想法の一環として、チベット密教に学んだやり方を採り入れています。
 誰かからひどい仕打ちを受けて腹の虫が収まらない時。
 世の中の嘆かわしさにうちひしがれた時。
 意欲が湧かない時。
 さまざまな状況で、この単純な瞑想が皆さんに役立っています。

 まず、目をつぶり、誰かから思いやりでくるまれた状況を思い出してください。
 親、友人、先輩 先生、師、その方その方によって相手は違っても、必ず誰かは心に浮かぶはずです。
 一人として、〈おかげさま〉という体験をしない人はいません。
 誰かの手を借りないでこの世を生きている人は、一人もいないからです。
 小生は、悪口をたしなめてくれた母親、弱い者いじめを制してくれた父親、病弱な生徒を励ましてくれた先生、困窮のどん底で手を差し伸べてくれた友人、無知で高慢な者を導いてくださった師、托鉢のおりに本音をぶつけてくださった方々、当山を信じ支えてくださっているサポーターやご縁の方々、……。
 まるで死に瀕したおりのように、恩人の数々が思い浮かびます。

 次に、そうした人びとのうち、誰か一人をはっきりと瞼の裏側に浮かび上がらせます。
 そして、忘れられない〈その時〉の光景をできるだけはっきりと再現します。
 すると〝ああ、ありがたい……〟という思いが胸に広がります。

 感謝の思いで胸がいっぱいになったなら、その人へ呼びかけます。
 心中でも、小声でも、あるいは大声でもかまいません。
 「お母さん」「母ちゃん」「ママ」「おふくろ」、自分の心から自然に出てくる呼びかけ方が一番です。
 呼びかけが重なると情感が深まり、自然に合掌しているかも知れません。
 このあたりではもう、受けた思いやりに対して感謝するだけでなく、音叉が共鳴するように、自分の心でも誰かを思いやる気持が強く動き出しています。

 一日のうち数分でも、こうした時間を持てば、心中に閉ざされがちな思いやりの心が日々、活き活きとはたらくようになることでしょう。

 11月5日、河北新報社で行った相談会でも、参加者の方々と共に、ささやかな瞑想体験を行いました。
 シーンとした会場に、小生の「かあちゃん」という小さな呼びかけが通って行きました。
 心中で母親以外の誰かを思い出していた方々には邪魔だったかも知れませんが、単純な瞑想法の肝(キモ)のところはご理解いただけたのではないかと思っています。
 当山の人生相談に来られる方だけでなく、より広く、この〈思いやりを思い出す方法〉をお伝えしてゆきたいと願っています。
 私たちの人生が幸せなものになり、社会が幸せで満たされるためには、私たち一人一人の心から思いやりの光が発せられなければならないからです。

 そう言えば、会場からお受けしたご質問の一番目は「あらゆる宗教に共通しているものは何ですか?」でした。
 すかさず「思いやりです!」とお答えしました。
 愛、慈悲、いつくしみ、さまざまな呼び方はあっても、相手を思いやる心は私たちの心中におわす仏神の心です。
 それに根ざさない宗教はないと思われます。
 この世に生まれ落ち、自力のみでは決して生きられない生きものである人間が生き延び、育ってゆくために、無条件の思いやりは欠かせません。
 私たちはそれを持ち、発揮する者としてこの世にやってきました。
 人間が人間として生きるとは、思いやりの光を発しつつ生きることに他なりません。
 だから仏教では、私たちを〈み仏の子〉と考えるのです。
 思いやりを忘れずに、日々、生きて行こうではありませんか。
 なお、11月14日(土)に開催する寺子屋でも、この瞑想を行いますので、どうぞふるっておでかけください。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。