--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
12.15

日常に潜む危機 ─小池光の「生存について」(その2)─

201512150001.jpg

201512150002.jpg

 昭和22年に小説家を父にもち宮城県に生まれた小池光氏は、東北大学理学部物理学科から大学院を卒業し、短歌結社「短歌人」に入会し、高校の教師をしながら歌を詠んできた歌人である。
 昭和57年、氏が発表した歌集『廃駅』に「生存について」という連作がある。
 ここでは残りの6首を読んでみたい。

「充満を待つたゆたひにインフルエンザのわが子をすこし思つたであらう」


 ナチスの係官は、アウシュビッツでガス室に閉じ込めたユダヤ人の抹殺をはかり、ガスの注入に従事する。
 人びとが死に絶えるのに必要なだけガスが充満するには時間がかかる。
 待たねばならない。
 ガス室内の阿鼻叫喚とはまったく無関係に、係官にとっての時はゆったりと流れる。
 彼は手持ちぶさたなのだ。
 そんなおりには、インフルエンザで家にいる我が子を思い出し、心配になる。
 〝大丈夫だろうか?熱は上がっていないだろうか?食事はちゃんと摂れているだろうか?〟
 それも束の間、たちまち、時は満ち、役割が全うされる。
 だから、我が子を思いながら呼吸をしていたのは、ほんのいっときだった。
 係官は我が子を〈少し〉思っただけで、たちまち普通の仕事へ回帰した。

「クレゾールで洗ひたる手に誕生日の花束を抱へ帰つたであらう」


 ガス室で死んだ死者を扱えば、血や汚物などで手足も衣服も汚れ、クレゾールが活躍する。
 薬品で清められた手は清々しい香りをまとい、死の気配はどこにもなくなる。
 その手は、子供や家族の誕生日を祝う花束を抱えるにふさわしく清潔そのものである。
 法に則った仕事を終えた手のどこにも罪はないのだ。

「棒切れにすぎないものを処理しつつ妻の不機嫌を怖れたであらう」


 夥(オビタダ)しい屍体はそれぞれ硬直し、ただの棒きれでしかなくなる。
 運び、焼き、埋める処理は退屈だ。
 早く終わらせ家へ帰りたいと思った瞬間、今朝、出がけに不機嫌だった妻の顔を思い出し、げんなりする。
 人間を殺し、処理する役割に応じた正しい仕事は単調で飽き飽きし、家もつまらなければ、係官の一日は灰色になる。
 

「夏至(ゲシ)の日の夕餉(ユウゲ)をはりぬ魚の血にほのか汚るる皿をのこして」


 一転して、場面は作者の自宅である。
 暑い盛りの夕餉に魚が出された。
 刺身でも作って食べたのだろうか、食べ終わった皿にはかすかに血がついている。
 自分はまぎれもなく、生きもののいのちを奪ったのだ。

「現世のわれら食ふための灯の下に栄螺(サザエ)のからだ引き出してゆく」


 サザエを焼いたのだろうか?
 箸か何かでつまむか刺すかして殻の中から身体を引っ張り出し、口に入れる。
 自分はまぎれもなく、生きもののいのちを奪っているのだ。

「沢蟹(サワガニ)のたまごにまじり沢がにの足落ちてゐたり朝のひかりに」


 また、場面は変わり、散歩途中の川べりとなる。
 沢ガニが何かに襲われ、いのちを落としたのだろうか?
 卵が散乱し、もがれた足もそばに落ちている。
 いのちが奪われた小さな光景も、朝陽は明るく照らし出している。

 作者は、アウシュビッツにおいて膨大な殺戮を行った下手人の〈日常性〉が、たった今、私たちが生きている〈日常性〉と何ら変わらないことを想像、感得した。
 狂気の行為も、社会的に〈正しく〉行われる仕事ならば、他の行為と同じように労働者へ恙(ツツガ)ない生活を保証する。
 オフィシャルな時間にも、プライベートな時間にも、神の祝福は平等にもたらされる。
 前の9首は、その世界を詠んだ。

 そして、続く2首は、日常的な殺戮がナチスの時代だけでなく、人間のあらゆる生にまといついていることの気づきを詠んだ。
 最後の一首は、他者のいのちを奪うことが自然界を成り立たせているという摂理そのものを詠んだ。
 こうして12首をあらためて眺めると、私たちが明らかに狂気と感じているものの実体があやふやくなってくる。

 ベルリン大学医科卒業試験受験者のフリッツ・メーゼは、ロレットオ高地で戦死する前に書いた。
「戦場ではみんな子供になる。
 どんなにひどい砲火を浴びても次の瞬間には無邪気に愉快になる。
 ──次の刹那のことを思はず、その瞬間の気分を捉へることを心得ている人間は幸福な存在だ。
 みんなそれを習ひ覚える。
 外では敵の砲声が轟いているが、内では自宅にいる──先づさういった所だ。
 ねえ、みんな、人はどんなに故郷を愛することを学ぶものだらう──ふだん誰もが理解しないことに堪へるやうになると。」(『ドイツ戦没学生の手紙』より)
 彼は勇敢に前進し、「列をなして倒れてゐる戦死者の上を」匍(ハ)って越えて行き、死んだ。

 集団に狂気の行為を行わせる思想は日常の中に生まれ、常に自分の〈日常〉を保てる者たちによって忠実に実行される。
 狂った個人は、集団的狂気に従えない。
 私たちはまるで、五右衛門風呂に入ったカエルのようなものだ。
 日々、適度な温度の中で(他の生きもののいのちを必要なだけ奪いつつ)生きているうちは、快適に過ごす。
 やがて、いのちと心の危機に瀕するほどの熱さになって(他のいのちを烈しく奪い、自分のいのちが奪われそうになって)きても、まだ、大丈夫、と耐えつつ過ごす。
 しかし最後は心が先に破壊されて狂うか、もしくは身体が先に破壊されて倒れるか、それが同時に起こるかして、いのちを失う。
 風呂に入っている状態が〈日常〉であり、それ自体、あるいはそこで起こりつつあることを客観的に観られない。

 歌人は、アウシュビッツの下手人に成り代わり、狂気を生きる日常を描き、そこから、自分の足元を観るところへ戻って来た。
 12首はあまりに重い。
 私たちが〈下手人〉にならないためには、米であれ、野菜であれ、魚であれ、他の生きもののいのちを奪わずには生きられない存在であることを忘れないようにせねばならない。
 感謝し、度を超して貪らぬようにしたい。
 度を超すものに違和感、嫌悪感、罪悪感、愚かさを感じられるようになれば大丈夫。
 そこを忘れると、いつしかアウシュビッツに行き着きかねない。
 また、私たちが生きていること自体がそのままそっくり〈日常〉であり、それは五右衛門風呂に入っているカエルの姿であることも忘れぬようにしたい。
 日常的であることは決して安心の土台であることを意味しない。
 私たちはあくまでも日常の中で、集団的狂気のふるまいをさせられてしまうのだ。
 五右衛門風呂に入っている自分の姿、友人や家族や同胞の姿を眺め、危機を察知したならば勇気を持って飛び出し、火勢を弱めねばならない。
 私たちにとって、小池光の「生存について」は宝ものである。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。