--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
01.11

人生相談について ─医師、占い師、僧侶の場合─

201601110005.jpg

 精神科医春日武彦氏の『鬱屈精神科医占いにすがる』は、臨床に携わる64才の精神科医の目から観た占い占い師について書かれた極めてポイントをついた好書である。
 ご本尊様と一体になる法を結んだ上で人生相談を受ける身としては、極めて大きな示唆を受けた。
 人生相談を受ける僧侶は、ご縁を求める方々の求めに応じ、時には占い師となり、時にはカウンセラーとなる。
 両方ができて初めて一人前の僧侶と考えていたので、この本はまるで、その内蔵を腑分けしてくれたようなものである。

「精神科の医師だって大いにいかがわしいけれど、占い師にはむしろ手品師とか腹話術師に近いイメージがある。」

「不条理との闘いのために妄想が発明した兵士がすなわち占い師ということになる。」

精神科医は科学的な『ふり』をして占いやオカルトを精神の病と関連づけたがるものだ。
 精神科医と占い師は所詮イカとタコみたいなもので、どちらも触手を持ち墨を吐き水中の生き物としては異形である。」

「占い師がネットで発言しているのを読んだことがある。
 科学は因果律に添っているいっぽう、占いは因果律の文脈には馴染まない。
 むしろシンクロニシティーや共振といったものに親和性があるといった意味のことだったようで、それには当方も賛成の気持ちがある。」


 ユングの共時性を学ばない占い師はいないだろう。
 現代の僧侶はどうか。

「わたしが星占いについて持っている感想は、『当たって当然なシステムなのに、意外と当たらない』というものである。
 占いの基本原理として何か象徴的な体系と故人の運命の共振といたことを考えてみるなら、占星術というシステムは占いとして見事に完成し、長い年月を経て洗練されてきた方式なのだ。
 これに則ればそう間の抜けた結果は出ないのではあるまいか。
 にもかかわらず解釈を誤ったり、精度を超えたピンポイントを占おうとして墓穴を掘りがちな気がする。」


 いわゆる易を成り立たせる『易経』に説かれた運勢の諸相64種は、人生におけるどの場面をも即座に解釈させる。
 古来、日本では僧侶の必須テキストだったが、今は愚かしくも捨て去られている。
 これからも、人生相談を受けようとする僧侶にとって、ユングの精神分析学を研究することと、易経の読み込み及び霊感の正しく系統立った訓練は欠かせないだろう。

「占い=世界観によっては説明しきれぬものをわたしは知りたがっているのかもしれない。
 ならば占い師などに頼っても無意味ではないか。
 といころが占い師は独自の理屈や論理へ変数を代入し、計算結果を読み取るだけが仕事ではない──そんなふうにわたしは思っているのだ。
 多かれ少なかれ霊感や特異な直感力が関与しているに違いなく、必ずしも情報処理マシンではないところに占い師の価値があるはずだ。」


 コンピューターによる占いと占い師の話の違いを明確に示している。
 霊感や直感力は機械にはなく、人間にしかない。
 問題は、すぐに〈見える〉〈聞こえる〉と怯える妄想でなく、明智を訓練した先に生じる直感によって判断が行われるかどうかにかかっている。

「占い師は言い切ること、断言することが仕事である。
 迷ったり逡巡する占い師なんて必要ない。
 それは困惑顔の司令官のようなもので、部隊は一気に戦意を喪失する。」


 ここが人生相談における最大の問題の一つである。
 いわゆる霊能者のいかがわしさも、彼らが人気を博する秘密もここにある。
 僧侶は、自分の良心と慈悲心に従って言葉を選ぶのみである。
 ある占い師は高名な人の死を予言して当たり、名を上げたという。
 ある作家は、医師から余命を告げられたショックでたちまち死へと転げ落ちたという。
 僧侶は、目の前にいる人が本当に求めているよき方向を察知し、そこへ向かえるよう、〈その時点での判断〉と異なる話をする場合がある。
 たとえば、このままでは明日、死にかねない人が、言葉によって心が動けばもっと長く生きられるかも知れないと判断すれば、悠然と、一ヶ月先の話題を提供する。
 その結果、もしも半月先に亡くなられた場合、ご遺族は〈当たらなかった〉と思うだろう。
 ご来山の時点で、明日までのいのちだったことは誰も知らない。
 僧侶の人生相談における役割は、医師とも、占い師とも異なっている。
 医師には職務上の義務があり、占い師には求められている判断に忠実でなければならない。
 一方、僧侶は、願いに微力を加勢させることが使命なのだ。 

「何らかの主義主張や方法論を強く打ち出している医療者は、限りなく占い師に接近することになる。」


 精神科医カウンセラーは、〈傾聴〉の場面を〈着地〉させねばならない。
 そこで、特定の〈システム〉を持ち出すかどうかが、医師と占い師との違いだという。
 春日武彦博士は「企業秘密」と称しつつ、システムならぬ「一応の目安」を明示している。
 まことに目から鱗が落ちるだった。
 関心のある方は本を読んでいただきたい。

 こんな人生相談にご関心のある方は、気が向いたならどうぞお申し込みください。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん あらはしゃのう」
※今日の守本尊文殊菩薩様の真言です。どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=WCO8x2q3oeM





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。