--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
01.14

要る人、要らない人 ─守本尊様のお救い─

2012093千手観音

〈子年生まれの方の守本尊千手観音様〉

 還暦を迎え仕事を離れたAさんは、元々、趣味などがまったく異なっているとの毎日をどう暮らすか、頭を痛めておられました。
 きっと、奥さんもそうなのでしょう。
 この先、二人して身体も弱って行くのに今さら離婚もできないし、そうかといって、こまごまとうるさいことを言うと一緒にいるだけで胃がおかしくなってしまうし……。
 やがて、Aさんにとって奥さんはだんだん〈要らない人〉になって行き、危機に瀕しました。
 Aさんが当山の門を叩かれたのはこの時点でした。

 しばらくお聴きしてから、ご提案をしました。
「もっともなお話ですね。
 別に誰が悪いわけでもないし、今さら過去に遡ってのやり直しもきかないし、でも、このままでは過ごせないし、困りましたね。
 こうなったら、守本尊様へお祈りしてみてはどうですか?
 今から真言をお伝えしますから、それを無心にモゴモゴと口にしてみるだけでいいんです。
 やってみる気があれば、一週間ぐらい唱えてみてください。
 私もどうやったらいいかわからない時など、これをやるんです」
 Aさんは最初、あまり気乗りがしないようでしたが、合掌して一緒に唱え、「そうですね」と呟きながら帰りました。

 しばらくして又、Aさんから人生相談のお申し込みがありました。
 Aさんは、やおら、切り出しました。
「私にはが必要だし、にも私が必要だということがわかりました。
 これから少しづつ、に合わせてみようと思います。
 実はもう、何も言わずに合わせ始めているんですが、驚いたことに、の態度がこれまでとちがってきたんです。
 不思議なものですね。
 これからは、妻の守本尊様も拝んでゆきたいと思います」

 そし、奥さんの守本尊様の真言を覚え、二人分の守本尊様をご供養したいと申し出られました。
 自分に合わない妻は〈要らない人〉になりかけていましたが、そうした関係性が生じたのは妻だけに原因があるのでなく、むしろ、自分にこそ大きな原因があると気づかれたのでしょう。
 自分が変わり、それに伴って関係性も大きく好転したのが何よりの証拠です。
 すべてはによって起こり、因縁が変わればありようも変わります。
 無言の言葉でお導きくださった守本尊様はまことにありがたいものです。

(プライバシー保護のため、Aさんのご了解のもと、細心の注意をはらって書きました)




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。