--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
02.01

イラク戦争と靖国神社への祈り(その17) ─お葬式をしてはいけない日?─

201601300031.jpg

 平成16年1月、自衛隊のイラク派兵に鑑み、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

 いったん帰山してからの法務が相次ぐ。

○お葬式のできない日(2月25日)

 午前中、長年患っておられたAさんへ引導(インドウ)を渡した。
 覚悟の出立は見事だった。
 午後、終り次第新幹線に乗る予定で地鎮祭の出張祈祷にでかけたところ、枕経のご依頼が入った。
 またしてもご不幸である。
 B家では、大黒柱が不治の病にかかって以来、不測の事態を想定し、かねて、奥さんをはじめご一族が額を寄せあってお寺選びをしておられたのだという。
 忌中の提灯を目印に玄関のドアを開けたら、「よくおいでくださいました」とお揃いでお迎えいただいた。
 寺院が〈選ばれる〉時代にならない限り仏教は衰退すると信じ、日々法務に邁進してきた者としてはまことに心強い。

 さて、ご親族はお葬式の日取りに頭を悩ませておられた。
 諸事情を考え合わせると4日目がよいのだが、4という数を忌む風習があり、どうしたらよいかわからないという。
 4日目にするか、それとも5日目にするかという選択である。

 まず、喪主様から教えを問われた。
「ご住職様、仏教上、どうなっているのでしょうか?
 どういう問題がありますか?」
「私たちは自分で自分の生まれる日も亡くなる日も決められず、生き死にに関することごとにおいて良い日も悪い日もありません。
 だから、俗信は別として、日柄による修法上の障碍は何もありません。
 当山は、どのようにも対応できます。
 どうぞご都合のよい日をお選びください」
 極力、皆さんのご意志を尊重しようと、議論の結果を待った。

 案の定、聡明な喪主様が道理によって場をリードし、俗信に左右されず、御霊が早く成仏への道へ入り、ご遺族もまた大仕事を速やかに済ませられるよう4日目と決した。
 それを確かめてから「その日は初七日をご守護くださるお不動様のご縁日です」と申し上げた。
 全員が信頼の眼差しを向けて来られ、場にかすかに漂っている不安や不満の気配は霧消した。
 み仏の教えは、真理真実に立ち、気まま心や愚かさや怒りによって自ら苦を招く生き方から脱するための慈悲ある智慧である。
 俗信に対して適切な判断をもたらす智慧の鏡ともなる。
 今日も確かなご縁の糸を結んでいただいた。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。