--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
02.02

イラク戦争と靖国神社への祈り(その18) ─感謝と敬意─

201602020001.jpg

 平成16年1月、自衛隊のイラク派兵に鑑み、仏神と祖霊のご加護で自衛隊員の無事帰還をはかるべく、靖国神社へ向かって托鉢行を始めた。
 世界の情勢が急変を見せ始めた今、そのおりの記録を加筆訂正しながら再掲しておきたい。
 不戦日本の願いを込めて。

 まだ、再出発の日を待っている。

○新たな日々(2月26日)

 好意で当山のホームページを管理してくださっている方や協力してくださっている方はもちろん、見てくださる方々にも深い感謝敬意を抱いている。
 ネットでもテレビでも、五感を瞬間的に刺激する面白おかしい情報や戦いの場面が目につく。
 笑いも怒りも恣意的につくられる。
 一方、み仏の教えは、厳しく、耳に痛い面はカットされ、話術や文章の巧みな人々によって、耳をくすぐる〈ちょっといい言葉〉として流布される。
 み仏におすがりして救われるしかないギリギリの現場などは、それがあることすら知られていない。
 普段、必要とされない仏法はあまり関心を持たれず、寺院僧侶も徐々に、〈要らないもの〉とされつつある。
 あるいは、儲けの道具として商業主義に組み込もうとする動きすらある。
 こうした時代に、四角く固い仏法のページを創っていただき、誰かに読んでいただけるのはただただ、ありがたい。

 感謝敬意は、人生相談やご祈祷に訪れる方々へも抱いている。
 皆さんから教えられることや気づかされることが山ほどあるのだ。
 人間関係に苦しんだAさんは、さる教団へ入信したが、求められるお布施が用意できず、勤労奉仕でまごころを尽くしているつもりだった。
 ところが、すぐに周囲から、汗をながすのは当たり前と受けとめられるようになり、一生懸命やればやるほど、金品を修められない肩身の狭さが募って教団を離れようとした。
 そうなると今度は、皆で引き留めにかかられ、ようやく、教団の真姿に気づいた。
 魂の解放をめざすはずの宗教者たちが、信者を縛ろうとすることなどあってはならない。
 いかに高邁な旗を掲げようと、信者を縛ろうとする教団は必ず他の宗教宗派への攻撃的姿勢を持っており、社会的に見れば、そのこと自体が大いに問題である。
 
 脱出劇を切々と訴えるAさんの涙目は忘れられない。
 そもそも、信徒さんが差し出すお布施と、寺院が行う法務のバランスがとれて成り立つ寺院にあって、〈慣れ〉は魔ものである。
 たとえば、護摩法の後で信徒さんがお手伝いくださる仏器磨きのご奉仕は、尊い布施行の実践であり、寺院側は常に心して受けねばならないが、やってもらって当たり前という感覚になれば、不満や傲慢が顔を出し、謗ったり命じたりするようになる場合がある。
 そうなると、奉仕する側にも反発や幻滅や不信が生じて、布施行は腐敗し破綻する。
 何万回同じような動作を繰りかえそうが、布施についても法務についても、行う側・受ける側双方共に、常に心新たでなければならない。
 なぜなら、財物や身体を用いての財施(ザイセ)も、修法による法施(ホウセ)も、その都度、己をみ仏へ投げ出し、己がみ仏に成る行為だからである。
 惰性で「投げ出し」、慣れて「成る」ことはあり得ず、それは偽ものだ。

 平和な日本が保たれ、明日もいのちあるならば、明日も新たでありたい。
 感謝敬意を忘れずに。
 ──ご縁の方々と共に。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。