--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
02.20

運勢を変えるには? ─知ること、行うこと─

201602200001.jpg

 ある時、運勢の話をしたところ、ご質問があった。
 以下、やりとりの概要である。

Q:「是非善悪を見分けて行動すれば運勢を転換できるという教えですが、見分けるにはどうすればよいのでしょうか?」

A:「まず、自分の立場、自分の損得、自分の好き嫌いといったものから離れることです」

Q:「私はなかなか〈自分〉から離れられません」

A:「臨死体験における幽体離脱ではありませんが、客観的に自分の身体や心を眺めるというイメージは持てませんか?」

Q:「私はいつも、ここを何とかしよう、といった必死な気持でずっとやってきたので、そうした自分からなかなか離れられません」

A:「もちろん、量子力学の世界では、粒子の位置と運動量を同時につかめないとされているとおり、私たちは純粋に客観的な世界を知ることができるのかどうかという根本的な問題はあります。
 カントもまた、私たちは客観的なモノそのものを認識できず、モノの現れである現象を、自分なりの認識の仕方でとらえられるのみであると主張しました。
 だから、そういった完全性を求めるということではなく、自分の目を、客観視できる別な目に入れ替えようという話でもありません。
 どうしても自己中心的になり、自分なりの強い色眼鏡を使いたくなる日常生活的視点から離れようとする姿勢が大切です。
 客観的視点は、そうした努力の結果として、はたらきだすものなのです」

Q:「日常的な自分から離れる方法はいかなるものですか?」

A:「ここで説かれている是非善悪の見分けは、虚空蔵菩薩様のご守護で行われるものです。
 だから、虚空蔵菩薩様の真言を一心に唱える、あるいは経典を読む、あるいは九字を切る、あるいはお詣りするといった何かを実践することが大切です。
 こうした方法のうち、どれが自分にしっくりくるかは、やってみなければわかりません。
 問題意識を持ち、何とかしたいと願い、説かれた教えを信じて実践しない限り、あなたにとって確かな導きとなる方法はつかみようがありません」

Q:「私に見つかるでしょうか?」

A:「私は預言者ではなく、超能力者でもないので、軽々に他人様の未来について無責任な断言はできません。
 確かなのは、小生自身がこうした実践によって、おりおりに何かをつかみ、いくつもの山や川や壁を乗り越えてここまで生きてきたことです。
 また、何かを見つけて乗り越えた方々がおられることです。
 だから、み仏の子である私たちは誰でも見つける可能性を持っているという信念を持って、こうしたお話をしています」

 以上は、隠形流(オンギョウリュウ)居合の道場における一コマである。
 運勢を動かしたいならば、まず〈知ること〉である。
 そして自分なりに何かを行いたい。
 居合の行者のような実践も、あるいは敬虔な気持でご祈祷やご加持を受けることも、いずれもまごころからの行動であることに変わりはない。
 知って、行動すれば、必ず原因に結果が伴う。
 よき意識、よき願いをもってよき方向を目ざしたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。