--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
03.20

漢文『法句経』を読んでみる(その3)

2016-03-20-0001.jpg

 寺院や寺子屋ではもちろん、戦前まで広く親しまれていた漢文の『法句経 (ホックキョウ)』を読んでみましょう。
 戦場へ赴く若者が懐へ忍ばせていたという話も聴いています。
 当山では、寺子屋やNHKの講座で読み通しており、学びの柱として欠かせません。
 小生の土台はこの教えによってつくられました。
 どれか一句でも、皆さんの心へピンと届くものがあればありがたいことです。
 新たになった読み下し文を意訳してみましょう。 (「新国訳大蔵経」によります)

 前回に続き【無常品(ムジョウホン)第一】 です。

〔二一〕此(コ)れを知りて能(ヨ)く自(オノズカ)ら静め、是(カク)の如(ゴト)く生(セイ)の尽くるを見て、比丘(ビク)は魔兵(マヒョウ)を厭(イト)いて、生死(ショウジ)より度するを得(う)。


(無常を知って心を静め、生じたものは必ず滅するという真実を見極めて、行者は魔ものの兵士たちを制圧し、生まれては死ぬ迷いの世界から脱することができる)

 これより【教学品(キョウガクホン)第二】へ入ります。

・教学品(キョウガクホン)とは、導くに行う所を以(モッ)てし、己(オノレ)の愚闇(グアン)を釈して道(ドウ)の明らかなるを見ることを得しむ。


(教学品においては、行動の規範を示して導き、自分が愚かで智慧の明かりがない状態であることに気づかせ、教えが智慧の明かりであると理解させるものである)

〔二二〕咄(トツ)哉(カナ)何(ナン)ぞ寐(ビ)を為(ナ)さん。螉(オウ)、螺(ラ)、蚌(ボウ)、蠹(トウ)の類(タグイ)、隠弊(インペイ)するに不浄を以(モッ)てし、迷惑して身(シン)為(タ)りと計(ケ)す。


(こら、起きよ、なぜ惰眠を貪っているのか。ジガバチ・タニシ・ドブガイ・木喰い虫のような者たちよ。不浄なものに覆われているというのに、迷い惑ってそこに我が身があると考えているとは何と愚かなことか)

〔二三〕焉(イズク)んぞ、斫創(シャクソウ)を被(コウム)り、心、疾痛(シッツウ)に嬰(カカ)るが如(ゴト)くにして、衆(モロモロ)の厄難に遘(ア)うに、反(カエ)って用(モッ)て眠るを為(ナ)すこと有(ア)らんや。


(まるで刀傷を受けたように心は病み、痛み、さまざまな災厄や難事に遭遇しているのにもかかわらず、眠りこけているなど何たることか)

〔二四〕思いて放逸(ホウイツ)ならず、仁(ジン)を為(ナ)し、仁(ジン)の迹(アト)を学べば、是(コ)れに従(ヨ)りて憂い有ること無く、常に念じて自(ミズカ)ら意を滅す。


(よく考えて気ままに走らず、他者を思いやり、慈しみ、そうした人々の行跡を学べば、憂いは無くなり、いつも正しい道へ思念を集中して自ずから波立つ心の動きを滅することができる)

〔二五〕正見(ショウケン)にして、学び務めて増やさば、是(コ)れを世間の明(ミョウ)と為(な)す。所生(ショショウ)の福千倍し、終(ツイ)に悪道(アクドウ)に堕せず。


(正しい見解を持ち、学んで増やせば、それが世間を導く灯火となる。いかなる場所に生まれようと福徳は無限に膨らみ、決して地獄・餓鬼・畜生の世界へ堕ちはしない)

〔二六〕小道(ショウドウ)を学びて、以(モッ)て邪見(ジャケン)を信ずること莫(ナ)かれ。放蕩(ホウトウ)を習いて、欲意(ヨクイ)を増さしむること莫(ナ)かれ。


(卑小で誤った道を学び、邪な見解を信じてはならない。気ままな生き方を習い性として我欲を増やしてはならない)

〔二七〕善(ヨ)く法を修し行じて、学誦(ガクジュ)して犯すこと莫(ナ)かれ。道(ドウ)を行ずるに憂い無く、世世(セセ)に常に安(ヤス)し。


(正しく真理の教えを修め実践し、学び、唱えて、決まりに反することを行ってはならない。教えの道を実践する者はいかに輪廻転生を繰り返そうと、心は平安である)

〔二八〕敏(ツト)め学)びて身を摂(セッ)し、常に思(シ)と言(ゲン)とを慎めば、是(コ)れ不死に到る。行(ギョウ)滅すれば、安らぎを得(ウ)。


(よく学んで身体の行動を慎み、常に思念と言葉を慎めば、生死の迷いを超えた境地へ達する。生じ、滅するものに惑わされなくなれば、永遠の安らぎが得られる)

〔二九〕務めに非ざれば学ぶこと勿(ナ)かれ。是(コ)れ務めなれば宜(ヨロ)しく行ずべし。已(スデ)に念ず可(ベ)きを知らば、則ち漏(ロ)は滅することを得(ウ)。


行者としての務めでないことを学んではならない。務めならばしっかり実践せよ。心へ保っておくべきことを知り尽くせば、煩悩は消滅する)

〔三〇〕法を見て身(ミズカ)らを利すれば、夫(ソ)れ善方(ゼンポウ)に到る。利を知りて健(タケ)く行ず、是(コ)れを賢明(ケンメイ)と謂(イ)う。


(真理をつかんで自分の血肉にすれば、悟りの境地へ至る。その価値を知って果敢に修行するのが、賢く、智慧の明かりを持った者である)




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。