--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
03.26

Q&A(その20)天職って何? ─自分に向いた仕事に巡り会えない方へ─

2016-03-26-0001.jpg

 最近、職業に関する悩みが人生相談の場にたくさん登場するので、「自分に向いた仕事」という問題を少々、考えてみましょう。

 私たちの多くは、自分に〈合った〉仕事に就きたいと願う。
 音楽が好きだから歌手になりたい、パンが好きだからパン屋さんになりたい、サッカーが好きだからサッカー選手になりたい、文学が好きだから作家になりたい。
 実際、そうして成功した多くの有名人が言っているではないか。
「好きだからここまでやってこれました」
「好きなことを一生懸命やれば道は開けるのです」
 だから、若いうちは、好きなこと=自分に向いた仕事、好きなことをやる=幸せに暮らせる、だろうと思う。

 さて、現実はどうか?
 誰もが作家村上春樹になれるわけではなく、大リーガー田中将大になれもしない。
 好きな世界で生きられない理由としてはもちろん、持って生まれた資質のレベルが一番の問題だが、実はそれ以前に大問題がある。
 好きなこと=自分に向いた仕事、とは限らないし、何が自分に向いた仕事かは、やってみなければわからないのだが、この真実は、自分で汗水垂らしてはたらき、生きてみなければ〈本当にはわからない〉のだ。
 そして、70年近く生きてきた者の実感としては、自分を見ても、ご縁の方々を見ても、友人知人を見ても、仕事は果たして自分で選べるものなのかどうか、そのこと自体が極めて曖昧であるとしか言いようがない。

 ちなみに小生は僧侶だが、小学校から大学までを通して、自分自身、僧侶が好きなわけでなく、僧侶になりたいわけでもなく、家族も友人も先生も、おそらく誰一人として小生が僧侶になると思っていた人はいなかったはずだ。
 しかし、今の自分と過去の人生を省みれば、不思議にも、こうなったのは〈必然〉とすら、思えてくる。

 僧侶になりたいとは思わなかったが、生きる道に迷った大学性の頃は、東京や鎌倉で、ありとあらゆる宗教の門を叩いてみた。
 挫折し、絶望を抱いて仙台へ帰る電車のデッキで突然、自分の口から「文武両道の塾をつくる」というまったく思いもよらない言葉が漏れた。
 あの時は、自分以外の誰かが乗り移って言わせたかと思えるほど唐突だったが、しばらくして、「文武」という文字を冠する組織の創設にかかわることになり、それが現在の自分の骨格となっている。
 食うために始めた商売の世界が縁となって、世間に埋もれている行者を紹介された。
 あらゆる因縁の結果、自分の愚かさが極まって全財産を失い社会へ多大な迷惑を及ぼし、懺悔が山のように膨れ上がり、滅罪のため托鉢僧になるしか生きようがなくなった。
 しかし、過去の人生と出家との間に因果の糸が見えるのは、あくまでも〈あとから〉であり、当時はただ、もがいていただけで、ほとんどの場面が〈成り行き〉で現れ、熟慮をふまえた自分の選択など、どこにあったか訝しい。

 そもそも、私たちは、自分が〈こういう心身を持った人間〉としてこの世に生まれ出た因縁を知らない。
 また、普段は自分が何者であるかなどと考えず漫然と生きており、日々、自分がいかなる心で暮らすかは、暮らしてみなければわからず、不意の仲違いから事故や天災まで、突発的事態が生じた時に自分がどういう行動をとるかも正確には予測できない。
 こんなあやふやな自分でも、自分の口へ食べものを入れて自分で咀嚼(ソシャク)しなければ生きては行けず、狭い世界における縁の糸が生きる糧を得る手段に結びつく。
 ほとんどの我々凡人はこうして生きる道を見つけるし、こうして生きなければまっとうな社会人にはなれない。
 事実として、自分に向いた仕事が何であるかは自分でわからないし、自分の好きなことが仕事となって生きて行けるわけでもないのだ。
 言えるのは、何ごとかに対する〈強い関心〉が持続すれば、もしかすると不思議な〈必然〉をもたらすかも知れないということだけではなかろうか?

 故河合隼雄は述懐した。

「長い間(心理療法士を)やっていると、自分の能力ではこの職業はやっていけないのではないかと思うことがよくあって、いろいろ悩んだりもしましたが、でも、結局は、自分にはこれ以外に職業は考えられないということで、今日もなお続けているわけですから、『天職』というか、自分としてはやはりそこになんらかの必然性を感じざるをえないのです。」


 彼は元々、「一生、高校の教師をするつもり」だったのに、まったく思いも寄らぬ成り行きで超一流の心理療法士となった。
 ただし、「人間というものが好きで、人を育てるということに興味があり、人間と人間がふれあう場所にいたい」し、「子どものころから死というのが最大の問題だった」という。
 彼にとって変わらぬ〈強い関心〉がそこにあったという事実は重い。

 こんなことを考えてみると、好きなことは自分でわかるが、そもそも自分そのものが何者であるかがよくわからず、当然、あやふやな自分に向いた仕事が何であるかもよくわからない。
 ならば、縁となった糸をつかみ、まずは、自分で得た食糧を自分の口へ入れて自分の心身を養ってみたい。
 もちろん、仕事と関わりがあってもなくても、〈強い関心〉は失いたくないものである。
 生きているうちに、それが何らかの〈必然〉をもたらし、結果的に、仕事が「天職」と思える日が来るかも知れないのだから。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。