--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
04.29

東日本大震災被災の記(第183回) ─避難者の死亡と交通事故─

2016-04-29-0002.jpg
〈福島民友様よりお借りして加工しました〉

 4月27日、東京地裁は、福島第1原発事故後に避難先で死亡した患者2人の遺族が東京電力に計約6600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決を言い渡した。
 計約3100万円という金額は、交通事故の損害賠償訴訟の判例が基準とされた。
 1人当たりの慰謝料の基準は2千万円である。
 原告側の新開文雄弁護士は言う。
原発事故で死亡した苦痛は交通事故の場合より大きいと主張したが、認められず残念だ」

 原発事故交通事故に似た偶発的なできごとであろうか?
 東電の責任もさることながら、国策として推進してきた原発の安全神話がこの事態に大きくかかわった国家の責任はないのだろうか?
 この先、同様の判決が繰り返されるのだろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。