--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
05.08

苦しみと生き仏 ─瞑想・言葉・救済─

2016-05-08-0001.jpg

 救われた体験を記しておきたい。

1 苦しみの存在

 お釈迦様は「苦」と正面から対峙した。
 私たちの存在は苦と共にあると喝破(カッパ)した。
 苦の根本原因は何かと言えば、自分や自分の持ちものへの実体視であり、それに付随する執着心である。
 本来はままならぬ三つを思い通りにしようとしてあらゆる苦が生ずる。
 すなわち、生きること、死ぬこと、性衝動に代表される感覚の満足。
 これらを思い通りにしようとせずに済めば、苦はなくなる。
 煩悩(ボンノウ)の火が消えた状態である涅槃(ネハン)へ入られる。
 生きながらそうした状態へ入った人を「生き仏」と言い、死んで引導を渡された人は皆、悟った人同様に「仏」と呼ばれる。
 仏に成るための方法として八つの正しい道が説かれた。
 八正道(ハッショウドウ)である。
 この世への姿勢、考え方、話し方、思い方、生活パターン、などを正せば聖なる世界へ近づけると説かれた。
 だから、八正道は八聖道とも呼ばれる。

 お釈迦様が「まず、ありのままに観よ」と説かれたとおりの実態に気づき、納得、同感、理解できれば、次の行動へ入ることができる。
 こうして、このままではいられないのだ。
 信じて実践すれば必ず結果がもたらされる。
 こびりついた気まま勝手な考え方が変わり、真理に即した目と心を持てるようになれば、苦は薄れて行く。

2 苦を除く思いやり
 
 そこで力になるのが菩薩(ボサツ)である。
 私たちは、自分をわかってくれる人、特に、自分の苦しさや悲しさや辛さを我がことと感じてくれる人によって救われる。
 真の救済者は、誰かの苦しみを〈我がこと〉と感じたり、思ったりできる人だ。
 誰かが私たちの苦しみを我がことと感じてくれていると信じられるだけで、不思議にも苦しみは薄れる。
 その典型が病人である。
 倒れた時、誰にも声をかけられず、あるいは搬送された病院で生きられる方向へと手助けされず、あるいは誰一人、心のこもったいたわりの言葉をかけてくれないならば、病人は生きられないだろう。
 肉体が物理的な死を迎える前に、心が生きられなくなる。
 その反対に、心のこもった看護や見舞いは病人を勇気づけ、いのち分をまっとうする手助けになる。
 生きられるいのちいっぱいに生き尽くすことができるのだ。

3 瞑想で消える苦の原因

 さて、少々、これらとは異なった道筋で救われるケースもある。
 たとえば、古来行われてきた満月を眺めての瞑想などがそうだ。
 月は清らかである。
 月はさやかである。
 月は光に満ちあふれている。
 一方、我が身には、ガツガツとどこまでも貪る心がある。
 また、高慢心や頑なさなどから、他者を許せず怒る心がある。
 また、自己中心的な姿勢で勝手な考え方をする心がある。
 満月をじっと眺めて心の毒を消す月輪観(ガチリンカン)という瞑想法がここに生まれた。
 月の〈清浄〉と一体になって貪りを離れる。
 月の〈清涼〉と一体になって瞋(イカ)りを離れる。
 月の〈光明〉と一体になって癡(オロ)かさを離れる。
 満月と入我我入(ニュウガガニュウ)する深い瞑想は、貪瞋痴(トンジンチ)という地獄へ導く害毒を消し去る。

4 完成されたものとの同化

 一般的に私たちは、悪い心を起こさぬよう〈モグラ叩き〉的な行動をとる。
 出てきたらやっつける。
 実際、昔は、そうした観点から家庭でも学校でも体罰が広く行われてきた。
 しかし〈叩く〉エネルギーは、生命力や、すなおな心のはたらきそのものをも損ないかねない。
 副作用の強すぎる薬を服用するようなものであり、いつ、〈元〉を断てるのかもわからない。
 だから、本来持っている善い心を積極的に掘り起こそうとする方法が探求されても来た。
 それが即身成仏(ソクシンジョウブツ)を目ざす上記した月輪観のような瞑想法である。

 私たちは一人残らず、み仏の子であり、仏性(ブッショウ)を魂の核としている。
 苦を生ずる要因は皆、月にかかる群雲のようなものである。
 しかも、いずれの雲にも実体がない。
 そして、雲がかかろうが晴れようが、月はいつも清浄で、清涼で、光明にあふれている。
 み仏も同じである。
 私たちが笑っている時も、泣いている時も、喜んでいる時も、起こっている時も、お地蔵様は、観音様は、文殊様は観ていてくださり、お不動様はいざという時に叱ってくださる。
 そして、お地蔵様も、観音様も、文殊様も、お不動様も、おられる場所は私たちの心中(シンチュウ)である。
 目の前のお地蔵様に〝ああ、ありがたい〟と思って手を合わせる時、手を合わせる私たちの心中のお地蔵様がおはたらきくださっているのだ。
 気づきは同化でもある。

5 お別れの言葉と生き仏

 あるご葬儀に際し、お孫さんがお祖父さんへ対して述べたお別れの言葉に文字どおり、目を見開かされた。
 その一部を掲載したい。
「2年ちょっとの闘病生活(入院生活)は辛いことの方が多かったかもしれないけれど、私達は、おじいちゃんが生きていてくれることだけで幸せでした。
 本当にありがとう。」

 これはおざなりの言い方ではない。
 それは締めくくりの文章でもわかる。
「今ごろは、ばあと天国で出会えていますか。
 つもりに積もった話をたくさんしてね。
 そして、2人の話の合間に私達を見守って下さい。
 今まで本当にありがとう!」

 幼い日のできごとがトラウマになり、祖父を憎み軽蔑し、祖父母を無視し、その記憶までほとんどなくしてしまった小生は、この問題が心に生じさせた氷塊をずっと意識してきた。
 氷塊は、自分だけにしか感じられない影響を与え続けてきた。
 冷たさが溶けないまま、ある種の欠陥人間として死ぬことを覚悟していた。
 しかし、すぐ目の前で少女が祖父へ呼びかけた言葉は、あまりにも温かかった。
 似たような言葉はこれまで幾度となく耳にしたはずだが、今回は今までにない明確さで心へ迫ってきた。
 心で涙が流れ、60年以上も居座った氷塊はついに溶け始めた。
 溶けて行く道の扉が開いた、道筋が見えてきた、溶かし切れるという確信が生まれた、そんな感じである。
 氷を認識し、砕こうとするハンマーの力ではなく、氷を持たない少女のまごころが、そこに在るだけでとてつもないパワーを発揮した。

 小生にとってあの少女は、同苦の心で寄りそい、慰め、励ます菩薩というよりも、圧倒的な霊光でまぎれもない仏界を示す如来なのかも知れない。
 姿を見ることのなかった少女は声だけで仏界を感得させた。
 生き仏である。合掌




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。