--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
05.13

心の眺め方(その2) ─満月を眺めて煩悩(ボンノウ)を滅するには─

2016-05-13-0002.jpg

 ブログ「心の眺め方」について、瞑想に関するご質問が多く、満月を眺めて、あるいは満月をイメージして瞑想を行う場合の観想文を書いておきます。
 詳しくは5月14日午後2時からの寺子屋法楽館』にてお話しします。

月輪観(ガチリンカン)における三毒消滅の観想

一 心月(シンガツ)清浄の観

月の清浄なるが如(ゴト)く 自心も無垢(ムク)なり
自性(ジショウ)清浄にして 無貪(ムトン)無染(ムゼン)なり
月の浄徹(ジョウテツ)なるを見て 心の浄性(ジョウショウ)を観ぜよ
本(モト)より貪染(トンゼン)なし 元(モト)これ浄仏(ジョウブツ)なり


(月の光が清浄であるのと同じく、自分の心も本来、垢や穢れを離れている
 心の核である魂は清浄で、貪りも、悪の影響もない
 穢れをまとわぬ清浄な光を放っている満月を見て、自分の心の奥底も又、清浄であることに気づくべし
 心は本来、貪りも悪の影響もなく、そもそもが清浄なみ仏そのものなのである)

二 心月(シンガツ)清凉(ショウリョウ)の観

月の清凉(ショウリョウ)なるが如(ゴト)く 自心も熱を離れたり
慈悲の水を瀧(ソソ)いで 瞋恚(シンニ)の火を消す
月の凉光(リョウコウ)に触れて 心の慈水を澄ませば
無量の恚(イカリ)の焔(ホノオ) 一時に消滅しぬ


(月の光が清凉であるのと同じく、自分の心も熱悩を離れている
 慈悲の水を注いで怒りや憤りの火を消す
 月の涼やかな光に触れて、心にある慈悲の水を澄ませば
 無限の怒りの炎も いっときのうちに消滅する)

三 心月(シンガツ)円満の観

月の円満せるが如(ゴト)く 自心も闕(カ)くることなし
万物を具足(グソク)し 種智(シュチ)を円満す
月の円形(エンギョウ)を見て 心の満体(マンタイ)を観ぜり
福智を円満せる 雙円(ソウエン)の性仏(ショウブツ)なり


(月が真円であるのと同じく、自分の心も本来、愚かさのない智慧で満ちている
 あらゆるものが調い、必要な智慧は不足なく備わっている
 月が円形であるのを見て、心も又満ち足りていると観想する
 悟りを得るための福徳智慧が二つの満月のように円かに具わった仏としての本性を持っている)

 こうして貪・瞋・癡(トンジンチ)の三毒を克服しましょう。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ぼだなん あびらうんけん」※今日の守本尊大日如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=LEz1cSpCaXA





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。