--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
05.20

人は変わるか変わらないか ─気質と性格─

2016-05-20-0002.jpg

2016-05-20-0001.jpg
〈仙台稲門会様で拙いお話を申し上げました〉

 私たちは、こんなことを知っています。
「三つ子の魂百まで」
「親子の血筋は争えない」
 一方、すっかり〈別人になった〉人を何人か知っているし、なぜ、あの親からこの子ができたのかと首を捻ったりもします。

 私たちは、自分の性格に悩まされます。
「ああ、また同じ失敗をやってしまった。俺ってどうしようもない」
 一方、口べただった人が、周囲の思いもよらないような発言をするようになりびっくりしたりもします。

 私たちは、ここ一番の場面で、強い自分が出て成功する一方、弱い自分が出て失敗することもあり、自分自身がよくわかりません。

 まじめなはずの人の思わぬ二枚舌にきりきり舞いさせられて、驚いたりします。

 私たちは、自分のバカさ加減に諦め気味である一方、まだ、発奮する気力を残しています。

 こんな多面性を持ち、つかみどころのない個人の人間性について、遺伝性格から考える手法が現れました。
 一人の人間の個性気質性格によって形づくられており、変わらない気質と変えうる性格のバランスをとって生きて行けばよいというものです。
 気質は、周囲の環境に対して無意識な反応を行ってしまいますが、性格は意識的な行動を導きます。

 たとえば、気に入らないことがあるとすぐに「バカヤロー!」と頭へ血が上っては後で後悔する人が、何度か失敗を重ねているうちに、内心ではカッカしても叫ばなくなった時、彼のどこが変わり、どこが変わっていないのか?
 たとえば、生真面目で手を抜かず一生懸命やるよい子が、社会へ出てどんどん重荷を背負い、気力を失って何も手につかなくなった場合、彼女の何が変わり、何が変わらなかったのか?
 上記のとたえは、クロニンジャーが唱えた気質性格に関する理論に合っているかどうかわかりません。
 しかし、個性には変わらない面と変わる、あるいは変えられる面との両面があるという説は、私たちへ希望を与えてくれるのではないでしょうか。

 私たちは〈どうしようもない〉面を持っているけれど、〈どうにでもできる〉面もあるのです。
 仏法はそれを過去世の因縁によって生まれ持ったものと、育ちや生き方によってつくられて行くものとに分けて考え、祈ってきました。
 私たちの生活は、来世に〈生まれ持つ〉ものをコツコツとつくり続ける日々でもあるのです。
 最新科学の「気質と性格の理論」も、仏法の「因果応報と輪廻転生の思想」も、私たちの考えを整理し、生きる方向を見定めるための指針となります。
 学びたいものです。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。