--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
07.10

神を知っている? ─ユングの神、渡辺祥子さんの体験、そして『黒い雨』─

2016-07-10-0001.jpg

 晩年の分析心理学者カール・ユングは、テレビのインタビューで、問われた。
「あなたはを信じますか?」
 彼は沈黙の後、はっきりと答えた。
「私は知っています」

 彼は幼少の頃、牧師である父親から言われていた。
「お前はいつも考えたがっている。
 考えちゃならない。
 信ずるんだ」

 父と子(キリスト)と聖霊が一体であるとする三位一体説に関心を持っていた彼は、父親の説明を待っていたが、正直な父親はこう言った。
「ここは省略しよう。
 だった、本当のところ私には少しもわからないんだから」
 彼は、生涯にわたって、そのことを知ろうと努力したという。

 このあたりの事情について、心理学者河合隼雄は指摘している。
「よりよく考え、より多く知ろうとする態度によってこそ宗教性は深められると彼は主張したいのである。
 従って、事実に関係なくただ信じているのではなく、自分の経験的事実に基づいて彼の宗教は成立しているのである。」
「彼が『知る』と述べているのは、『それ自体は未知のある要因と対峙している』ことを知っており、その『未知のある要因』を一般の同意に従って『』と呼ぶことを意味している。
 そしてその『未知のある要因』と対決し、その現象を慎重に観察することこそ宗教の本質であると考えている。」

 7月9日(土)、当山の寺子屋では「これからの生き方」という講演会を行った。
 そこで講師を務めてくださったフリーアナウンサーで朗読家の渡辺祥子氏は、こんなエピソードを紹介した。

 東日本大震災から半年経った9月11日、彼女は、ある被災地の広い葬儀会場で司会進行を行った。
 正面に向かって左手に立った彼女の左手は御霊の祭壇、右手は会葬者の席である。
 そこで彼女は不思議な体験をした。
 左側の空気が明らかに暖かい。

 彼女には、その理由がはっきりとわかった。
〝ああ、亡くなった方々の暖かい思いが私たちを見守っていてくださる〟
 彼女は「知った」と言えるのではなかろうか。

 やみくもに信じようとする、あるいは信じる態度は危うい。
 なぜなら、道理を捨てるかのような姿勢に人生上の無理があるのはもちろん、道理という動かしがたい知性がそれなりにはたらいた時、信じ、頼っていたはずの仏などがいつ、消滅するかわからないではないか。
 また、小生のような宗教者の立場からすると、そうした態度は、仏に対して無礼であり、真実から離れる道であるように思える。

 もちろん、私たちは、何かを〈信じないではいられない〉心理状態になる場合がある。
 たとえば、今村昌平監督作品の映画『黒い雨』は、広島で被曝した人々が時の経過の中で一人、また一人と死んでゆく様子を描いたが、そのラストは印象的だ。
 原爆症に悩みつつも健気に生きていた美しい娘矢須子は、ついに倒れ、救急車で運ばれる。
 付き添う青年悠一は呟く。
「きっと治る、きっと治る」
 見送る叔父の重松は、心中で思う。
「もし、向うの山に虹が出たら奇蹟が起る。
 白い虹でなくて、五彩の虹が出たら矢須子の病気は治るのだ」
 結果を示さずに映画は終わる。

 私たちにとって、すがる情緒も、観る知性も共に真実だ。
 必要なのは、それらが新鮮にはたらきつつも、いずれにも一方的に流されない主体性の確立ではなかろうか。

 講演会でコーディネーターをつとめてくださった白鳥則郎東北大学名誉教授は、合理性に彩られた近代の弊害を克服するためのキーワードを示した。
共生環境」「共生社会」である。
 コンピューターに代表される合理性だけではなく、生身の人間が持つαとの共生である。
 ユングの「未知のある要因」も、渡辺祥子さんの「亡くなった方々の暖かい思い」も、悠一や重松の〈懸ける気持〉も、このαではなかろうか。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。