--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
08.08

写経の功徳とは? ─生き仏になる体験─

2016-08-08-00012.jpg

 室内の温度計は36・5度という酷暑の中、髙橋香温先生のご指導のもとで、参加者の皆さんは熱心に書道を学び、いつものように『理趣経(リシュキョウ) 百字偈(ゲ)』の写経も行いました。
 メンバーのお一人が引っ越しで今回が最後の参加となり、新しいメンバーも入ったので、5分程、写経功徳についてお話をしました。
 写経で有名なのは、弘仁9年(818)、旱魃(カンバツ)、飢饉、疫病という大災害に見舞われたおり、嵯峨天皇が御所を離れて3日間、持仏堂へ籠もり、般若心経を書写されたできごとです。
 天皇は、こう述べられました。

「朕(チン)の不徳にして多衆に何の罪かあらん」


(大災害が起こるのは、国を統べる自分の不徳のいたすところであり、民衆には何の罪もない)

 写経を行うと共に、お大師様から般若心経についての講話を受けられました。
 そこで用いられたのが『般若心経秘鍵(ヒケン)』です。
 世の中の苦しみは徳の不足によって起こるのだから、責任ある立場にある者ほど、我が身を振り返り、徳行に勉めねばならないと、天皇自らが身を謹まれたのです。
 ものごとが目論見(モクロミ)どおりの結果とならなかった場合、あるいは思いも寄らぬほどよからぬ結果となった場合、今でも「不徳のいたすところです」と口にはします。
 しかし、その〈不足〉を補うべき徳行がどうなされたかは、なかなかわかりません。
 天変地異と天皇の責任がどうかという物理的な因果関係の詮索はさておき、責任を感じた嵯峨天皇がひたすら写経し、講話も受けたお姿には学ぶところ大なるものがあります。

 この一件でわかるとおり、写経は、万人を救うみ仏のお力をいただくための徳行であり、その功徳は、書く本人はもとより、万人へ行き渡ります。
 だから、当山では、納経されたお経の一巻一巻に書かれたそれぞれのご心願が成就するよう祈ると共に、功徳があまねく世界を救うよう重ねて祈っています。
 そうした意味では、写経の功徳は、仏像を造る功徳に通じていると言えるかも知れません。
 たとえば、誰かの病気が治るよう願いを込めながら懸命に彫った仏像に、他の誰かが手を合わせる時、「あなたのために彫ったのではありません」と拒否することはありえないのです。

 また、一心不乱に書くという作業は、身体のはたらきをみ仏の世界に合わせている状態です。
 そして、書き上がった経文を読むのは、言葉のはたらきをみ仏の世界に合わせている状態です。
 さらに、経文の内容に心を向ければ、心のはたらきをみ仏の世界に合わせている状態です。
 こうして、身口意(シンクイ)が自己中心的な業(ゴウ)をつくる日常的な状態から離れれば、それは生き仏になっていると言えるのではないでしょうか。

 写経を終えて帰られる皆さんはどなたも生き仏です。
 合掌して送り出す小生はありがたくてなりません。

 お盆でお寺へ出かけられる時、納経をされてはいかがでしょうか?




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。