--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
08.09

百文字の写経 ─人間の理想像について─

2016-08-09-0002.jpg
〈世界のどこでも日本人〉

2016-08-09-00012.jpg

 密教の根本経典『理趣経(リシュキョウ)』の核心が詰まっている『百字偈(ヒャクジゲ)』という百文字の写経を行う方が増え、とてもありがたく、頼もしくも思っています。
 ご質問も増えました。
 智慧と慈悲によって、いのちと心を人の道に合わせて生かすという仏教の根本が理解されつつあります。
 これまでも幾度かとりあげましたが、村岡空氏の意訳によって、意とするところをつかまえてみましょう。

「知恵があるものは仏だ
 かれはいつも教えてくれる
 われわれが生きているあいだ
 そして教えは亡びない」


 原文の読み下しは以下のとおりです。

菩薩(ボサツ)の勝慧(ショウケイ)ある者は 乃至(ナイシ)生死(ショウジ)を尽くすまで
 恒(ツネ)に衆生(シュジョウ)の利を作(ナ)して 而(シカ)も涅槃(ネハン)に趣かず」
(優れた智慧を持った菩薩の方々は、迷い苦しむ人々すべてを救済し尽くすまで、
 常に手を貸し続け、安寧の世界へ行ってしまうことはない)

「原則と適用は
 知恵でできあがり
 存在と実体は
 みんな清らかだ」


「般若(ハンニャ)及び方便(ホウベン)の 智度(チト)をもちて悉く加持(カジ)し
 諸法及び諸有(ショユウ)をして 一切皆清浄ならしむ」
(智慧と手だてとの有効な救済手段を用いて
 あらゆる存在といのちあるものたちとを本来の清浄な姿にさせる)

「欲望が世界を整え
 清らかにしているから
 ピンからキリまで
 われわれは救われる」


「欲等(ヨクトウ)をもちて世間を調し 浄除(ジョウジョ)することを得せしむるが故に
 有頂(ウチョウ)より悪趣に及ぶまで 調伏(チョウフク)して諸有(ショウ)を尽くす」
(欲望などによって人々を正しく整え、煩悩を浄め除かせることによって
 天界から地獄界に至るいかなる世界のものたちが持つ苦の原因をも断滅して余すところがない)

「みよ、どぶ泥の蓮華を
 あのけがれない姿を
 われわれだってそうだ
 このままで立派に生きられる」


「蓮體(レンタイ)の本染(ンホンゼン)にして 垢の為に染められ不(ザ)るが如く
 諸欲の性も亦(マタ)然(シカ)り 不染(フゼン)にして群生(グンジョウ)を利す」
(蓮華が本来持っている清浄な色は、いかなる泥や汚れにも染められずその色を保つように
 菩薩も私たちも本来的に具えている意欲は、悪しきものに染められず人々の救済に役立つ)

「大きな欲望を持てば
 大きな楽しみができ
 いつも自由にふるまえ
 成功疑いなし」


大欲(タイヨク)清浄を得て 大安楽にして富饒(フジョウ)なり
 三界(サンカイ)に自在を得て 能(ヨ)く堅固の利を作(ナ)す」
(自他のためになる限りない意欲は清浄であり、限りなく安楽で豊かである
 いかなる世界にあっても自在にはたらき、金剛のような堅固さで自他のためになれる)

 私たちは生きている限り、食べねばならないし、子孫を残そうともします。
 人間はイメージの生きものなので、繁殖力の有無にかかわらずそこは残り、食欲と色欲は続きます。
 それは、食べものをおいしいと感じることであり、異姓を佳いなあと思うことです。

 お釈迦様が、10の戒めの2番目に「盗めない人間になろう」と説かれたのは、ひもじさによる奪い合いが人の輪を壊すからではなかったでしょうか?
 お釈迦様が3番目に「妄りなセックスをしない人間になろう」と説かれたのは、人間が倫理を失ってケダモノに化す身勝手さに警告を発したのではなかったでしょうか?
 そして一番目に「殺せない人間になろう」と説かれたのは、生きものが最も厭うことをしない人間であることは、人間であるための最低条件だからではなかったでしょうか?

 要は意欲の用い方に尽きます。
 み仏の子であるわたしたちはすべて菩薩として生きる可能性を持っており、本来の姿で生きるためにはまず、本来の姿を知るための智慧を磨かねばなりません。
 リオデジャネイロ五輪の競泳で金メダルを獲得した萩野公介選手は、子供の頃から水泳を学び、鍛えに鍛えて結果を出しました。
 学び、鍛錬することなしに、潜在能力が最高の結果へと結びつきはしません。
 この『百字偈(ヒャクジゲ)』は、光り輝く萩野公介選手を表現しているようなものです。
 いわば最高のイメージ、人間はそこまで行ける、という可能性の極地を示しているのです。
 その原動力は意欲です。

 ただし、スポーツは競技ですが、人生は競技ではありません。
 その人なりに、その時点で行けるところまで行っていれば、その時点での金メダルを手にしているようなものです。
 人の道を学びつつまっとうに生きれば、必ず、その人なりのメダルを一個、二個と手にしつつ生きられることでしょう。
 手応えというメダルを金色に近づけるためには、金メダルの世界をイメージしたいものです。
 人間性が最高に発揮されれば生き仏であり、その典型としての菩薩は、さまざまなお姿で私たちを惹き付けます。
 菩薩の世界がストレートに説かれた『百字偈(ヒャクジゲ)』を読誦し、写経し、考えることをお勧めしているのにはこういうわけがあります。

 もうすぐお盆なので少々、くどく書きました。
 お経は約30分で書けます。
 チャレンジを……。 




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。