--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09.14

救いのありか ─観るべきもの─

 お大師様は説かれた。

「もし自心を知るはすなわち仏心を知るなり
 仏心を知るはすなわち衆生の心を知るなり
 三心平等なりと知るをすなわち大覚(ダイカク)となづく」


(もし、自分自身の心の真姿を知るならば、それはそのまま、み仏のお心を知ったことになる
 み仏のお心を知るならば、それはそのまま、人々の心を知ったことになる
 自分自身の心と、み仏のお心と、人々の心の3つをつぶさに知る人を、大いなる覚りを開いた方という)

 自心仏心衆生心が平等であるという教えは、すでに『華厳経』で説かれている。
 華厳宗を高く評価されたお大師様は、この平等を得る方法として具体的な修法を示された。
 私たちはそもそも、み仏のお心を宿した者同士であり、そこに気づき、そこを開き、顕せば、み仏に成れる。
 即身成仏(ソクシンジョウブツ)の可能性はすべての人々に与えられている。
 真の平等は、この気づきによってもたらされ、自分が本来の尊さをもって生きられるだけでなく、誰もが尊い者として生きられる世界になる。

 私たちは生まれた時点で、一人一人が持って生まれたものも、生まれ育つ環境もすでに平等ではない。
 しかし、厳格な階級社会にあってすら、お釈迦様は、人は生まれによって人間としての貴賤は決まらず、生き方が貴賤を決めると説かれた。
 国王に対しても、極貧の者や売春婦に対しても、わけへだてせず、真に救われる先を示された。
 仏法によって誰もが救われ得るのは、誰もが等しく救われる可能性を持っているからである。
 その可能性の根拠が〈仏心〉の共有である。
 この真実は経典に説かれ、それを現実化させる方法として修行や修法がある。

 当山にはさまざまな事情を抱えた方々が来山される。
 これまで宗教を考えたこともなかったが、急に自分のいのちがあといくばくもないことを知って、死後の相談に駆け込まれる。
 困った成り行きで親のお骨を埋葬できなくなった方、あるいは宗教が違う親子や夫婦も、途方に暮れて足を運ばれる。
 私たちの生きざまや困りごとは、お釈迦様の時代も、お大師様の時代も、今も変わらないのだろうと、いつも思う。
 僧侶や寺院は、お釈迦様やお大師様の心で〈絶対の平等〉に立ち、ことに当たるだけだ。

 それを仏性と言おうが霊性と言おうが構わない。
 要は、お互いが、お互いの心の源底に持っている尊いものを認め合うこと。
 そこから〈真の平等〉の世界が必ず観えてくる。
 ことを行う具体的な手段は知恵であみ出せばよい。
 問題はその前の平等を観る智慧にある。
 仏法の空気を吸うだけでも、冒頭の教えに一歩、近づける。
 救いの扉は皆さんのそばにある。
 



 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「おん あみりたていせい から うん」※今日の守本尊阿弥陀如来様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=4OCvhacDR7Y





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。