--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.07

マルチの落とし穴 ─「俳人は俳句しかないのである」─

2016-11-07-0001.jpg
〈地にあるもの〉

 今は、〈マルチ〉な人間が喜ばれる時代である。
 何かで名を上げれば、その人の行為は他の分野に関するものでも関心を呼び、マスコミに重宝される。
 しかし、そうした人々の中には、専門分野以外のところで、いかがなものか、と思われる行為に走ってプロプロたる土台を疑われたり、自分で破壊してしまったりするケースも散見される。

 かつて、「人間探求派」と呼ばれた俳人に石田波郷(ハキョウ)がいる。
 これから四国八十八霊場へでかけることを縁として、愛媛県出身の彼について少々、書いておきたい。

 昭和40年2月21日、俳人石田波郷は、毎日新聞に「俳句の魅力」を発表した。
 以下、抜粋を読んでみよう。
 歴史的仮名遣(カナヅカイ)で書かれたもので、読みにくいかも知れないが、当時のままで引用したい。

「今日では小中学生に俳句を教へる先生は、子供たちに、自分のほんたうに歌ひたいものを、自分の言葉で歌ひなさいといふにちがひない。
 俳句も詩である以上、私もこの考へは当然だと思ふが、私は形からはひつた私の入門を間違つてゐたとは思はない。
 私は形からはひつたが、それゆゑに俳句形式のもつ魅力を存分に学ぶことができたし、後年、自由な詩の欲求が起こつた時にも、自分のやつてゐるものが俳句であることを決して忘れず、形をくづすことを拒んできた。
 そして自らの表白の欲求によつて自らの俳句を生み出してゆく、生々たる営みを、これが生きるといふことかと思つたほどである。」


 波郷は、五・七・五という韻文の形を重んじた。
 切れ字がきちんとしていてこそ俳句であるとし、「歌ひたいもの」をそこに納めるべく苦闘した。

「俳句の魅力は、一口にいふと、複雑な対象を極度に単純化して、叙述を節してひと息に表現することにあると思ふ。
 複雑なものは複雑ななまゝに、多元のものは多元のまゝに詠まうといふ新しい方法も今日広く行われてゐるし、その方が、現代の句法と言へるのかもしれないが、俳句独自の魅力は弱まるのではないか。」


 詠みたい内容に合わせた自由な表現を否定はしないが、定まった形での表現にこそ、俳句の醍醐味があると言う。
 

俳人は俳句しかないのである。
 詠みたいことはすべて俳句でやるほかはない。

 おびたゞしい字余りや破調、日本語本来の語法を犯す叙法も、詠みたいものがあふれてやまないからだといふ考え方にも、同じ俳人として同情はできるのである。
 しかし同調はできない。


 文字どおり、血を吐くような叙述である。
 誰しも、言いたいこと、言わずにいられないこと、表現したいことを抱えている。
 それをどのように吐き出すかは自由だし、その気持は理解できるが、自分はプロとしての境界を破るわけには行かないと宣言している。
 まったく同感である。
 小生も、宗教者として最大の難問をそこに感じ、役割をまっとうできるかどうかの難関はそこにあると覚悟している。
 いわゆる「分際(ブンザイ)」の問題だ。
 小生のような凡人は、身の程を弁(ワキマ)えることによってしか、自分をかけた結晶体はつくれない。
 

「俳句表現にはたしかに限界がある。
 俳句といふ詩形を破ることなく、この限界をひろげることはむづかしいかもしれないが可能である。
 過度的に破調を来たすことはあつても必ず見事な完成をもたらして、俳句を前進させてきたのである。

 金剛の露ひとつぶや石の上 茅舎
 葛城の山懐に寝釈迦かな  青畝

 かういふ珠玉のやうな俳句、俳句表現の魅力を典型的にもつた句が私はたまらく好きだ。
 この二句の短冊を私は宝物のやうに大切にしてゐる。」


 お大師様は説かれた。

「夫(ソ)れ、仏法遥かに非(アラ)ず、心中にして、即ち近し。」


(そもそも、仏法はどこか遠くにあるのではなく、自分自身の心中にあり、身近なものである)

 この一文は、般若心経の真髄を説いた「般若心経秘鍵(ヒケン)」にある。
 仏教の行者は、世間に起こり自分に起こるいかなる現象についての〈解〉も、〈表現〉も、ここに求めるしかない。
 さまざまな理由から非宗教な分野にそれらを求める人びとに「同情」はできる。
 しかし、いかなる理由があろうとも、小生は「同調」できない。
 そうして、宗教の役割の「限界」をひろげ、「前進」させて行きたい。
 四国霊場で、その力を授かりたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん さんまや さとばん」※今日の守本尊普賢菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=rWEjdVZChl0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。