--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.09

四国で猫に会い、亀に会う

 四国霊場巡拝している。

○捨てられた猫

 37番札所岩本寺を過ぎ、金剛福寺へ向かう途中のドライブインで、ほっそりした猫に出会った。
 軒下で毛づくろいをしていたのは、白と薄茶色の若い雌猫だった。
 毛足の長い背中はさっきまでの雨に濡れ、やや狐顔のまなざしは、いかにも空腹そうに見えた。
 ゆっくり近づき、しゃがんで頭を撫でるとゴロゴロ言いながら身体を擦り付けてくる。
 やはり、捨てられた猫なのだ。

 餌になりそうな食べ物も持っていないので、「しっかり生きろよ」と声をかけてジャンボタクシーに戻ろうとしたら追いかけてくる。
 かわいそうだが振り切って乗り込むのを見た彼女は、隣に停まっている白い乗用車の下へもぐり込み、長めのしっぽがするりと消えた。
 それが永久の別れとなった。
 車中から一部始終を眺めていたらしいAさんは言う。
「捨てるくらいなら。飼わなければいいのにねえ」
 小生は応えた。
「そうですが、やむにやまれないケースもきっとあるんでしょうねえ」

 昼食時に潮騒を聞きながらうどんを食べている時、彼女を思い出した。
“誰かに餌をもらっているだろうか”
 宇和島駅前のホテルで夕食を食べ終える頃、一階のレストランから見える街路を急ぐ女子高生の白い傘が視界を流れ、またもや彼女を思い出した。
 不憫さに胸が詰まり、言葉も詰まった。
「━━あの猫はどうしているんでしょうか……」
 誰もが口をつぐんだままだった。

○現れた

 ジョン万次郎の巨大な銅像と道路をはさんだ向かい側に、目立たぬ宝篋印塔と、それを取り囲むさほど大きくない池がある。
 渡海僧の碑だ。
 その昔、手漕ぎの小舟で、遥か西方にある補陀洛浄土(フダラクジョウド)を目ざす渡海が試みられた。
 助手は神の遣いである

 一人の観光客もいない池を見つめていたら大きな野鯉が二匹、やってきて、背中を水面より高く出し、すばやくUターンした。
 続いて、30センチほどもありそうながゆっくりと頭を出したかと思う間もなく、水中へ没した。
 あとは、どんよりと雲の垂れる空の下、暗い水面が静まり返るだけだった。

 渡海僧は確かにと会い、に連れられて行くべきところへ逝ったのだろう。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。