--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.14

「霜月の空也は骨に生きにける」

2016-11-11-0042.jpg
〈四国霊場の花〉

2016-11-14-00011.jpg

 四国霊場の49番札所浄土寺に、正岡子規の句碑がある。
 空也上人(クウヤショウニン)を詠んだものだ。

霜月空也は骨に生きにける」


 霜月と呼ばれる11月は1年で最も印象の薄い月かも知れない。
 秋の収穫や祭や観光が終わり、人々の心は年末と新年へ向かい、足元の時間は薄く不安を忍ばせた様相で、ただ忙しく過ぎて行く。
 もの皆、枯れ果て、変わらぬ存在感を持っているのはカラスぐらいのものだ。
 だから、子規はこうも詠んだ。

霜月や石の鳥居に鳴く鴉」


 人々が寒さに縮こまり、どこへ行っても暖を求める季節。
 寒風に立つ石の鳥居は、眺めるだけで冷たさがリアルに想像され、誰一人触れたいとは思わないだろう。
 しかし、真っ黒いカラスだけは平然と止まってあたりを睥睨(ヘイゲイ)し、いつに変わらぬ声で鳴いている。
 その存在の濃さに、子規は恐怖を覚えたのではなかろうか。

 さて、冒頭の句である。
 平安時代、阿弥陀聖(アミダヒジリ)と称された空也上人は鉦(ショウ…小さなカネ)などを叩き、ただただ、南無阿弥陀仏を唱えながら踊り、全国を行脚した。
 途中で寺院を建立したり、橋をかけたりするなど、社会事業も行った。
 京都の六波羅蜜寺(ロクハラミツジ)にある有名な像では、口から出る6つの文字がそのまま小さい6体の仏像に結晶している。
 身体は極限まで枯れようと、念仏は息のある限り続く。
 その思いは骨になっても消えない。
 霜が降り、いきものたちの活動が細って行く11月こそ、遺された上人の思いが際立つ。

2016-11-14-0002.jpg

 醍醐天皇の第二皇子という出生にもかかわらず、仏道修行と人々の救済に一生を捧げた上人の痩せた姿は、お釈迦様の修業時代を想像した有名なお像に結びつく。
 3~4世紀にガンダーラで作られたとされるお像は、鋳造や石造となり世界中で拝まれ、当山の境内地にも鎮座しておられる。
 印象の薄い霜月といえども、時はいつもと同じく流れている。
 こうした時期にこそ、子規のように立ち止まり、寒風にも消えず、歴史の波にも消えなかった心の灯火に想いを馳せてみたい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。




「おん ばざら たらま きりく」※今日の守本尊千手観音様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IvMea3W6ZP0





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。