--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.15

お地蔵様とお不動様の救い

2016-11-11-0020.jpg

2016-11-15-0001.jpg

 鎌倉時代中期、無住(ムジュウ)は密教と禅を学び、臨済宗東福寺派の長母寺で法務を行いつつ、10巻もの説話集『沙石集』を書いた。
 彼は、臨済宗の開祖栄西から伝わる秘書『地蔵の決』についても記している。

「その中の肝心に、地蔵大日の柔軟(ニュウナン)の方便(ホウベン)の至極(シゴク)、不動は強剛方便(ゴウゴウホウベン)の至極(シゴク)となり。」

(その中の最も大切な部分として、地蔵菩薩は大日如来の優しい方法による救済不動明王は大日如来の厳しい方法による救済を、究極的につかさどるというものがある)


 以下、その一部を意訳した。

「ある時、恵心僧都(エシンソウズ)の妹である安養の尼が気絶した。
 僧正勝算(ソウジョウショウサン)は不動明王のマントラでえある火界呪(カカイジュ)を唱え、恵心僧都が地蔵菩薩の御宝号を唱えつつ修法した。
 やがて息を吹き返した尼が言った。
不動明王が火炎の前に立ち、お地蔵様が手を引いてくださいました。』」

「ある時、恵心僧都に給仕していた弟子が突然、亡くなった。
 彼にはモノにとらわれる気持があった。
 一人の僧侶に不動明王のマントラである慈救呪(ジクジュ)を唱えさせ、僧都は地蔵菩薩の御宝号を唱えつつ修法した。
 蘇生した弟子は言った。
『4、5人の男たちに持ちものを奪われ、抵抗したけれどだめでした。
 是非も問わず奪うのはおかしいとさらに抗議すると、髪を結い、白い杖を持った2人の童子が現れて男たちを追い払い、取り戻してくれました。
 さあ、これを持って帰ろうと思った途端、息が出ました。』」

地蔵は柔らかにふるまい、不動は荒々しく助ける。
 事実は口伝(クデン)が真実であることを証明している。

 地蔵と不動の適切な救いがなければ、生き死にに伴う苦しみから離れられないのは明らかである。
 地蔵は、いかなる迷いの世界にあろうとも、いかなる世界に生まれようとも、お救いくださる。
 不動は、まっとうに生きようとする時に邪魔をする業(ゴウ)による障りも、貪り・怒り・愚かさも、あらゆる魔ものたちの障害も取り除いてくださる。
 地蔵の救いによって迷いの世界から抜けだし、不動の救いによって魔ものたちから逃れることなくしては、安寧の世界に入れない。
 納得できるまでよくよく考えるべきである。」


 日本中で武士が殺し合った時代から700年以上経った今でも、秘法は守り伝えられ、お地蔵様とお不動様のご加護は確かである。
 四国の霊場にはそれぞれご本尊様がおられる一方、この二尊は、ほとんどの寺院で祀られ、祈られている。
 お地蔵様のお慈悲とお不動様のお智慧なくしては、この世をまっとうに生きられないだけでなく、臨終後の行く先も危うい。
 本当に〈相手を選ばない思いやり〉というものを考えてみよう。
 行き詰まったら静かに唱えてみよう。
「おん かかか びさんまえいそわか」
 本当に〈自己中心的でない道理〉というものを考えてみよう。
 行き詰まったら静かに唱えてみよう。
「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」
 お地蔵様とお不動様の世界が感じられるに違いない。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうぼう あきゃしゃきゃらばや おん ありきゃ まり ぼり そわか」※今日の守本尊虚空蔵菩薩様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=IY7mdsDVBk8





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。