--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
11.23

現代の偉人伝(第237話)元幕下佐田ノ浜 ─やるせなさを糧に変えた人─

2016-11-11-0282.jpg
〈四国霊場の花〉

 元小結舞の海秀平氏は、11月17日付の産経新聞に「舞の海相撲〝俵〟論」を書いた。
 今回とり上げたのは元幕下佐田ノ浜である。
 以下、「華やかな土俵の陰で」より抜粋して転記する。

「人はこれほどまでに変われるものなのか。
 稽古取材で九州場所前に境川部屋の宿舎を訪れたときのこと。
 『一緒に写真を撮ってくれませんか』と声をかけられた。
 目の前に立っていたのは元幕下佐田ノ浜。はきはきとした口調だ。
 入門した頃の彼を知る身としては信じられなかった。」


 いつもながら、簡潔で明快な切り口である。

「人と接するのが苦手で高校の頃は登校拒否の引きこもり
 何もせずぷらぷらしていたとき、体が大きかったことから知人に誘われ、入門。
 相撲のことは何も知らず、勧められるがままだった。
 当時は人と目を合わせずに、下を向いてぼそぼそと話す印象しかない。

 無為の日々を過ごしてきた者にとって、激しい稽古は辛かったろう。
 そもそも裸になるのが恥ずかしくて、風呂に入っては手で前を隠し、まわりの力士に笑われた。
 相撲を取れば誰にも勝てない。
 何度も辞めようと考えた。
 それでも少しずつ番付を上げていくうちに『相撲をやめて実家に帰ると元の生活に戻ってしまう』と思えるようになった。

 相撲部屋では、何をするにも心を開いてまわりの力士と協力しなければいけない。
 米とぎ、皿洗い、掃除、洗濯など、若い衆で一丸となって雑用をこなしているうちに、いつしか自分が引きこもりだったことは忘れてしまった。」


 ここまで読んだだけでも、引きこもっていた青年が、文字どおり裸のつき合いをする世界へ入る決心をしたこと、辛くとも、成果を上げられずとも途中で逃げ出さなかったこと、その事実にはただただ、頭が下がる。

「入門から6年半。
 やっと幕下へと上がった平成25年夏場所に、力士人生が暗転する。
 取組で左膝の靱帯(じんたい)2本と神経を断裂。
 11カ月の入院で4度手術し『もう相撲は取れない』と医師に言われ、泣き崩れた。
 まだ25歳だった。

 師匠の境川親方(元小結両国)もまた、弟子たちの前で『俺の力不足であいつを不自由な体にしてしまった』と泣いたという。
 その話を退院後に聞いた佐田ノ浜の心は震えた。
 そして、親方は5場所連続休場中、自動車の運転免許を取らせ、就職先を探した。
 『こいつは口下手だから』と面接にも同行してくれた。」


 いつもケガの危険と隣り合わせで、現役生活が比較的短い力士にとって6年は長い。
 白鵬関はその間に頂点の横綱まで駆け上っている。
 幕下という地位は十両の下で、頭上には横綱までの70人がいる。
 何でも身内でやる世界では、「一枚違えば家来同然」「一段違えば虫けら同然」と言われ、序列によってあらゆる場面での役割も、待遇もまったく違う。
 ようやく「関取」と呼ばれる十両を目指せる位置まで来て力士生命を断たれた時の師弟はいかなる気持だったか、想像もつかない。

「相撲界を去る直前の正月。
 部屋で浴びるように飲んだ佐田ノ浜は突然泣き叫んだ。
 『まだまだみんなと一緒にいたいんです。辞めたくないんです』と。
 隣に座っていた師匠も目を真っ赤にしてかける言葉が見つからなかった。

 いま、彼は地元・長崎の自動車部品メーカーで働いている。
 力士生活を振り返り『この世界に入っていいことばかりでした』と言い切った。
 やるせなさをこれからの人生の糧に変えられる前向きな性格になったのだろう。」


 いいことばかりと言う述懐に目を瞠(ミハ)り、しばらく動けなかった。
 冒頭の文章「人はこれほどまでに変われるものなのか」に含まれていた内容の重さ、深さに圧倒された。

相撲部屋では親方やおかみさん、力士らが一緒に生活することで人と人との濃密な交わりが生まれ、1人の若者を立ち直らせることもある
 境川部屋の九州場所宿舎でかたわらには女性が寄り添っていた。
 『ちゃんと写真は撮れているの』と初めてできた彼女から言い寄られ、はにかみながら顔を赤くしていた。」


 イジメハラスメントなどで人を潰し、殺すのも人間なら、立ち直らせるのも人間である。
 私たちは人生のどこかで必ず「やるせなさ」を感じる。
 それを「糧」に変えられれば、必ず人生行路は乗り切れるだろう。

 精神医学も薬も医療も発達した現代では、失恋の傷手すら薬で処置し、何ごともなかったかのように生きられるらしい。
 しかし、それで心は大丈夫だろうか?
 練られ、霊性を輝かせられるだろうか?

 やるせなさに独りでぐっと耐え、時には誰かと共に耐え、涙が涸れる頃ようやく見える青空は何ものにも替え難い。
 もちろん、病気の領域にまで入ってしまったなら、薬が有力な助っ人となる。
 しかし、その前段階ではやはり、具わった人間力でやり抜いてみたい。
 誰しもがやるせない同士であり、助け合いたいものである。
 鮮烈で温かい体験を披露してくださった佐田ノ浜氏と舞の海氏に心から感謝したい。




 原発事故の早期終息のため、復興へのご加護のため、般若心経の祈りを続けましょう。
 般若心経の音声はこちらからどうぞ。(祈願の太鼓が入っています)
 お聴きいただくには 音楽再生ソフトが必要です。お持ちでない方は無料でWindows Media Player がダウンロードできます。こちらからどうぞ。



「のうまく さんまんだ ばざらだん かん」※今日の守本尊不動明王様の真言です。
 どなたさまにとっても、佳き一日となりますよう。
https://www.youtube.com/watch?v=EOk4OlhTq_M





[投票のご協力をお願いします。合掌]

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へにほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 真言宗へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへにほんブログ村



blogram投票ボタン

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。